ヒロセ通商は低スプレッドでオリコン顧客満足度総合第一位!

ヒロセ通商

ヒロセ通商はオリコン顧客満足度FX部門総合第一位の実績を持っている大人気のFX業者となります。どうしてここまでヒロセ通商が人気を集めているのかというと低スプレッドで取引を行うことが可能だということ、レートの約定率が非常に高くスピードも速いということが挙げられます。

 

ここではヒロセ通商のスプレッドについて注目していきます。

 

スプレッドがとても狭い

ヒロセ通商の特徴のひとつとして挙げられるのがスプレッドがとても狭いということです。米ドル円であれば0.4銭原則固定となっており、さらにユーロ円で0.9銭、ポンド円で1.8銭など非常に使い勝手のよいスプレッドに設定されています。

 

FXで短期勝負のスキャルピングやデイトレードなどを行っていく上で利益を上げるコツとしてはスプレッドなど取引におけるコストをどこまで削ることができるかというのはとても重要な考え方のひとつとなっています。基本的にコツコツと利益を積み重ねていくスタイルとなっていますので、そのたびに大きなスプレッドがかかってくると取引コストがあまりにも大きくなってしまい利益を食われてしまう可能性が高まってしまいます。

 

ですので、スキャルピングやデイトレードをはじめとしたFXでの取引を行っていく場合ヒロセ通商のようなスプレッドが狭いFX業者を選ぶことが重要となってくるわけです。

 

約定力も魅力のひとつ

ヒロセ通商はスプレッドがとても狭いという点だけでなく、約定率が高いというのも注目すべきポイントのひとつとなっています。そのため、どのようなチャンスも逃すことなくしっかりと取引を行うことができるのでスキャルピングやデイトレードをはじめとした短期的な取引はもちろんのこと中期的な、長期的な取引においても有利となっています。これらを総合してオリコン満足度1位の実績を作り上げたといっても過言ではありません。

 

ヒロセ通商の口コミ情報
少ない金額で取引が可能です。少ないお金しか持っていない初心者の方にお勧めの会社だと思います。指定したタイミングで売買を行うことが可能です。タイミングが遅れて、利益が減ったり損失が増えたりすることはありません。
スプレッドも低く設定されていますし、取引ツールも必要な情報が見やすく載っているので使いやすいです。色んなキャンペーンをやっているのが魅力で、条件さえ満たせば色んなものを送ってくれます。

 

日本国内のFX口座に飽きたら海外のFX口座を開設しよう!
◆日本国内にいても海外のFX口座は持てます!
海外の口座を持つ=海外に居住しなくてはならない といった誤解をしていませんか?
海外口座を持つには、現地の銀行で手続きをして開設する必要があるケースももちろんありますが、日本国内に住んでいても、オンラインバンクや郵送といった手続きで口座を開設できる銀行も実はたくさんあるのです。登録する際に日本の居住住所でも、もちろん問題ありません。

 

海外口座の種類には、銀行だけでなく、FXと呼ばれる証券会社や外国為替専門の両替会社などがあります。その中で注目したいのが、オフショアバンクです。税金の制度上、優遇される場合や、金融商品が豊富にあるなどといった利点が多くあるのが魅力です。

 

外国人といったその国に居住していない人に対して、租税環境を優遇している国や自治の権利を持つ地域のことを「オフショア」といいます。租税環境の優遇措置については、金融世界の歴史的背景や環境の事情が影響していると言われています。そのためオフショア地域は、「タックス・ヘイヴン」とも呼ばれています。税金天国、と直訳しても意味が汲み取れるように、税制優遇国、租税回避国という意味です。ですからオフショアは、税金の制度において優待される特別金融区域であるのです。

 

具体的な優遇措置は何か?と挙げると、まずオフショアにある口座や投資資産、会社の収益はほぼ非課税になります。これだけでも計り知れないメリットがあります。

 

オフショアに世界中の金融機関が支社や支店を設立している理由が、金融優遇措置の恩恵を十分に受けるためだということが明らかにわかります。オフショアはあくまでも、外国人=非居住者に対する金融特別区域ですから、口座は現地に住んでいる人ではなく、パスポートさえ持っていれば開設できるのです。

世界が認めた超高速約定

豊富なツール群でいつでも取引

1000通貨単位でも各種手数料が無料!

安心の24時間サポート!

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る